ライトユーザー向けソフトバンク(5G)のスマホプランシミュレーション

スマホ・ネット

ライトユーザー向けスマホプランシミュレーション(ソフトバンク編)

毎月のスマホ料金が地味に高い。そこで色々な携帯会社のスマホ料金を調べて、次の2年契約の更新月にほかの携帯会社に乗り換えてみようかなと思っています。

ということで今回はソフトバンクのライトユーザー向けのスマホプラン(5G)を契約しようとした場合には、どの程度になるか事前調査を兼ねてシミュレーションしてみました。似たようなシチュエーションの人は、ぜひ参考にしてみてください。

※ソフトバンクの5Gサービスを開始したこともあり、4G LTE版と5G版でシミュレーションを分けます。こちらは5G版のスマホプランでシミュレーションしています。(4G LTE版はこちら

シミュレーションしている利用条件

  • 家族3人で利用する(必要なデータ容量は5GB、2GB、1GB
    ※自分は5GBだが、家にいる時は基本的に光回線に繋がるWi-Fiを使い、外にいる時は動画や音楽など重いデータ通信はしないようにして、データ消費を抑えるようにしている。
  • 国内通話1回5分以内かけ放題になるようなプランを最低限付ける
    ※長電話はしないものの多少電話はするので、従量課金型の通話プランだと不安。
  • スマホを利用する。ケータイではない。
  • 端末本体代金はとりあえず無視
    ※いままでの端末を使いまわせるなら使いまわす
  • 家のネット回線は今使っている回線を引き続き使う(nuro 光 マンションタイプ)
    ※月額1,900円で使える高速ネット環境があるので大手キャリアであるようなセット割に必要な家のネット回線の乗り換えはしない。

組み合わせるスマホプラン

ソフトバンクで利用条件に当てはまるライトユーザー向けのスマホプラン(5G)の組み合わせるとすると以下の通りです。

  • 基本プラン
    • メリハリプラン × 2
    • ミニフィットプラン × 1
  • 通話オプション
    • 準定額オプション+ × 3
  • その他
    • 5G基本料 × 3 を付ける
    • 「みんな家族割+」を適用
      ※直接的な割引はメリハリプランのみが対象
メリハリプランの料金

メリハリプランは月に50GBまで高速データ通信ができる定額プラン。(通話に関しては通話オプションを付けない場合は30秒につき20円の通話料が発生する。)1GB以上利用する場合には、ミニフィットプランより得。

4Gタイプのメリハリプランは厳密にはデータに関する「データプランメリハリ」と通話に関する「基本プラン(音声)」を組み合わせたプランの総称です。

  • 基本料金:7,480円(データプランメリハリ:6,500円+基本プラン(音声):980円)
    ※ただし、月2GBまでの利用の場合には、1,500円引きになる

メリハリプランには動画SNS放題という特典が付いています。これは、一部のアプリやサービス利用時のデータ消費カウントがゼロ(一部のアクセス方法についてはカウントしてしまうものもあるが…)になります。一部のMVNOでやっているカウントフリーサービスですが、ソフトバンクのメリハリプランでも同様のことをやっています。
※ただし、2GB以下の利用の場合の1,500円引きのカウントについては対象のアプリ・サービスの利用分はデータ消費カウントする点には注意。

  • YouTube
  • Amazon Prime Video
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • kurashiru
  • Hulu
  • スタディサプリ
  • スタディサプリ English
  • AR SQUARE
  • VR SQUARE
  • FR SQUARE
  • バスケットLIVE
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok

動画SNS放題をうまく活用すると月50GB以上のデータ利用も可能になります。

ミニフィットプランの料金

ミニフィットプランは月5GBまで使えるプランですが、ひと月に使ったデータ量に応じて3段階に料金が変わる段階性定額料金。(通話に関しては通話オプションを付けない場合は30秒につき20円の通話料が発生する。)

4Gタイプのミニフィットプランプランは厳密にはデータに関する「データプランミニフィット」と通話に関する「基本プラン(音声)」を組み合わせたプランの総称です。

  • 1GBまで:3,980円(データプランミニフィット:3,000円+基本プラン(音声):980円)
  • 2GBまで:5,980円(データプランミニフィット:5,000円+基本プラン(音声):980円)
  • 5GBまで:7,480円(データプランミニフィット:6,500円+基本プラン(音声):980円)

みんな家族割+の割引金額

ソフトバンク回線を家族複数台で利用している場合、一部のプランでは月額料金の割引が適用されます。メリハリプランについては以下の割引が適用されます。

  • 1回線のみ:割引なし
  • 2回線:500円引き/1回線
  • 3回線:1,500円引き/1回線
  • 4回線以上:2,000円引き/1回線

ミニフィットプランは割引にはなりませんが、回線数カウントにはなります。
※メリハリプラン×2+ミニフィットプラン×1の場合は、1,500円引き×2というような扱いになります。

5G基本料について

ソフトバンクの5Gは、専用プランというものはなく、「5G基本料」というオプションを付けることで5Gを利用できるようになります。

ただし、「5G基本料」を付けるためには、5Gの機種を利用していることが条件となっているので、5Gに対応していない機種を利用している場合には、「5G基本料」は付けられません。

2020年8月31日までに契約すると最大25ヶ月間の月額料金が1,000円引きに

期間限定ではありますが、2020年8月31日までに5Gのプランを契約した場合、5G無料キャンペーンを利用することができます。このキャンペーンを適用すると最大25ヶ月間の月額料金が1,000円割引になります。

この割引が適用できると割引期間中は4G版プランの月額料金と同一になります。

組み合わせた場合の月額料金

利用条件に合ったソフトバンクのプランを組み合わせた場合の月額料金は以下のようになります。

  月額料金(税抜)
基本料金(データ)
データプランメリハリ
1回線目(5GBまで)6,500円
2回線目(3GBまで)6,500円
基本料金(データ)
データプランミニフィット
3回線目(1GBまで)3,000円
基本料金(通話)
基本プラン(音声)
980円×3回線
通話オプション
準定額オプション+

800円×3回線
家族割引サービス
家族割プラス
3回線以上-1,500円×2回線
※ミニフィットプラン分は割引されない
オプション
5G基本料

1,000円×3回線
キャンペーン
半年おトク割
半年間限定(2ヶ月目~7ヶ月目)-1,000円×3回線
合計
3回線合計21,340円
※最初の半年間は18,340円
1回線あたり平均7,113円
※最初の半年間は6,113円
月額料金に関する補足

  • 国内通話を30秒20円の従量型で良い人は通話オプションを付けなくてOKなので800円×3回線は不要
  • 国内通話を24時間かけ放題にしたい人は通話オプションを「定額オプション+(月額1,800円)」にする必要がある(さらに1,000円×3回線分月額料金が高くなる)
  • 2020年8月31日までに5Gのプランを契約すると最大25ヶ月間、月額料金が1,000円/回線割引されます。
  • 家のネット回線がソフトバンク指定のSoftbank光などの固定回線を契約していれば、1回線ごとに1,000円の割引を受けられる

ソフトバンクの特徴

ソフトバンクに関しての特徴をいくつか挙げるとすると以下のようなものがあります。

2年契約の縛りが無い

2019年9月までに契約したソフトバンクのプランは2年契約の縛りがありましたが、現在、新規契約できるプランについては2年契約の縛りがなく、どのタイミングで解約や他社へのMNPをした場合でも契約解除料は発生しません。

ライトユーザー向けのプランはあまり得ではない

ソフトバンクのサブブランドとしてワイモバイルがあります。ライトなスマホユーザー向けでリーズナブルなプラン提供はこのワイモバイルが担う立ち位置にあるようで、ソフトバンクのプランとしては多くデータを使う人(メリハリプランを使う人)をメインターゲットにしているようで、ライトなスマホユーザーにとってはあまりお手頃な価格帯にはなっていません。

今回の事例では、利用できないプランですが、ケータイからスマホに乗り換える場合のみ契約できる月1GBまでのスマホデビュープランを利用できる場合は、非常に月額料金を抑えることができるプランも一応はあります。

対象プランの注意点

今回のソフトバンクのプランを選択した場合にはいくつか注意しておくべきことがあります。

月に使ったデータ量で料金が変わる

ライトユーザー向けのミニフィットプランをはじめ、大容量プランのメリハリプランもはその月に使用したデータ量に応じて段階的に基本料金が変わるため、データ量を抑えられれば料金は下がり、大量に使えば料金が高くなります。

また、特定の段階でデータ量を抑えるといった仕組みはないので、料金を抑えたい場合は、自分自身で意識してデータ利用を抑えるようにする必要があります。

動画SNS放題はメリハリプランのみ

YouTubeやTwitterなどの一部のアプリ・サービスのアクセスによるデータ消費がカウントされない、カウントフリーが付いているのはメリハリプランのみで、ミニフィットプランなどのプランには付いていません。

メリハリプランの2GB以下の料金にする場合、動画SNS放題の対象のアプリ・サービスのデータ利用量もカウントに含まれてしまう点は勘違いしやすいので注意(上限50GBの分のみカウントフリーになる)

テザリングは別料金

ソフトバンクのプランでテザリング機能を利用したい場合は月額500円のテザリングオプションを付ける必要があります。多くの携帯会社では無料で使えることが多いですが、ソフトバンクは有料です。

大手キャリアの強み

ソフトバンクは国内で三番手のシェアを持っている大手キャリアですが、大手キャリアの強みはどのようなものがあるかをまとめると以下のようなものがあります。

  • 困った時には全国にある多数のショップでのサポートを受けることが可能
    ※ただし、最近のショップのサポートは有料での対応になることもある点には注意。
  • MNOであるが故に、通信回線が安定している(遅くなりにくい)

大手キャリアの弱み

強みがあれば、当然弱みもあります。大手キャリアの弱みはどのようなものがあるかをまとめると以下のようなものがあります。

  • MVNO系やサブブランド系のプランと比べると月額料金がどうしても高めになる
    ※料金を少しでも安くするコツは、家族複数台数での契約&家のネット回線とのセット割の組み合わせを活用する
  • 1つの容量を複数回線で共有して使えるプランがない

端末を少しでも安く購入したい場合

もし、ソフトバンクでスマホ端末を購入したい場合に、安くする手段としては、「トクするサポート」または「トクするサポート+」を利用した購入方法です。

機種の発売日によって「トクするサポート(2020年3月26日までに発売の機種)」を利用する形になるか、「トクするサポート+(2020年3月27日以降に発売の機種)」を利用する形になるか決まります。

これらのプログラムはスマホやケータイ機種の購入サポートプログラムで、ソフトバンクで端末を48回払いで購入し、後日ソフトバンクに対象の機種を返却し、次の機種を購入すると最大24回分の端末代金の分割払い未払い分の支払いが免除になるプログラムです。

端末代金の支払いは購入翌月から始まるので、購入して25ヶ月目に返却&次の機種を購入すると端末代金の支払いが最も抑えることができます。

トクするサポートについては、月額390円×24回分のプログラム利用料が別途かかります。

トクするサポート+については、プログラム利用料はかかりません。また、ソフトバンクに返却するだけの特典も用意されています(この場合は、残金の支払い免除ではなく、下取り価格での買取と特典内容が変わります)

注意点としては、ソフトバンクに端末を返却する際、破損などしている状態だったりすると、別途料金(トクするサポートの場合は最大20,000円(不課税)。トクするサポート+の場合は最大22,000円(不課税))がかかるので、端末は大事に使いましょう・・・