ライトユーザー向けワイモバイル(4G LTE/5G)のスマホプランシミュレーション【2021年版】

スマホ・ネット

ライトユーザー向けスマホプランシミュレーション(ワイモバイル編)

2021年は携帯会社のプランが大きく変わりそうですが、現在の毎月のスマホ料金が地味に高い。そこで、ほかの携帯会社に乗り換えてみようと考えている人向けに色々な携帯会社のスマホ料金を調べてみました。

ということで今回は2021年版のワイモバイルのライトユーザー向けのスマホプラン(4G LTEまたは5G)を契約しようとした場合には、どの程度になるか事前調査を兼ねてシミュレーションしてみました。似たようなシチュエーションの人は、ぜひ参考にしてみてください。

※2021年2月18日以降のワイモバイルのプラン(シンプル)の内容になっています。

シミュレーションしている利用条件
  • 家族3人で利用する(必要なデータ容量は15GB、2GB、1GB
    ※自分は仕事柄テザリングも使い15GBだが、家にいる時は基本的に光回線に繋がるWi-Fiを使い、外にいる時は動画や音楽など重いデータ通信はしないようにして、データ消費を抑えるようにしている。(2020年までは5GBで済んでいたけど、コロナの影響でテレワークになったので少しデータを使うようになりました)
  • 国内通話1回5分以内かけ放題になるようなプランを最低限付ける
    ※長電話はしないものの多少電話はするので、従量課金型の通話プランだと不安。
  • スマホを利用する。ケータイではない。
  • 1回線(15GB)はテザリングを利用する。
  • 携帯ショップのサポートは特に必要ない(オンラインで自己完結できる)
  • 端末本体代金はとりあえず無視
    ※いままでの端末を使いまわせるなら使いまわす
  • 家のネット回線は今使っている回線を引き続き使う(nuro 光 マンションタイプ)
    ※月額2,090円(税込)で使える高速ネット環境があるので大手キャリアであるようなセット割に必要な家のネット回線の乗り換えはしない。

組み合わせるスマホプラン

ワイモバイルで利用条件に当てはまるライトユーザー向けのスマホプランの組み合わせるとすると以下の通りです。

  • 基本プラン
    • シンプルM × 1
    • シンプルS × 2
  • 通話オプション
    • だれとでも定額 × 3
  • その他
    • 家族割引サービス × 2を適用
      ※主回線(1回線目)は割引対象外
シンプルの料金

ワイモバイルのプランであるシンプルは2021年2月18日に開始した4G・5Gに対応したプラン。データ容量が違う3つのタイプから選択する定額プランです。通話に関しては30秒につき20円の通話料が発生する従量課金型です。(ワイモバイルのプランは通話かけ放題が付いていると思っている人もいるかもしれませんが、それは前のプランまでで、今回のシンプルには標準でかけ放題は付いていません。)

  • シンプルSの基本料金(3GBまで):2,178円
  • シンプルMの基本料金(15GBまで):3,278円
  • シンプルLの基本料金(25GBまで):4,158円
家族割引サービスの割引金額

ワイモバイル回線を家族複数台で利用している場合、2回線目以降の契約分について、シンプルの場合は1回線につき1,188円の割引が適用(最大9回線まで)されます。

家族割引サービスは主回線(1回線目)だけは500円割引にならない点には注意。

組み合わせた場合の月額料金

利用条件に合ったワイモバイルのプランを組み合わせた場合の月額料金は以下のようになります。

  月額料金(税込)
基本料金
シンプルM
1回線目(15GBまで)3,278円
基本料金
シンプルS
2回線目(2GBまで)2,178円
3回線目(1GBまで)
2,178円
家族割引サービス
家族割引サービス
-1,188円×2回線
※1回線目は割引対象外
オプション
だれとでも定額
770円×3回線
※1回10分以内の国内通話かけ放題
合計
3回線合計7,568円
1回線あたり平均2,523円
月額料金に関する補足
  • 国内通話を30秒20円の従量型で良い人は通話オプションを付けなくてOKなので770円×3回線は不要
  • 国内通話を24時間かけ放題にしたい人は通話オプションを「スーパーだれとでも定額(月額1,870円)」にする必要がある(さらに1,100円×3回線分月額料金が高くなる)
  • 家のネット回線がソフトバンク指定のSoftbank光などの固定回線を契約していれば、「おうち割光セット(A)」が適用でき、シンプルの場合は1回線ごとに1,188円の割引を受けられる(こちらは1回線目から割引適用)
    ※ただし、ソフトバンクのように家族割との割引併用ができないため、家族割引サービスかおうち割光セット(A)のどちらか一方しか適用できない。

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルに関しての特徴をいくつか挙げるとすると以下のようなものがあります。

2年契約の縛りが無い

2019年9月までに契約したワイモバイルのプランは2年契約の縛りがありましたが、現在、新規契約できるプランについては2年契約の縛りがなく、どのタイミングで解約や他社へのMNPをした場合でも契約解除料は発生しません。

料金の安さと回線品質の良さを両立

ワイモバイルの運営会社はソフトバンクでサブブランドとして立ち位置にあります。ライトユーザー向けの人をターゲットにしていることもあり、月額料金がかなり安いにも関わらず、MVNOとは違い、回線自体はワイモバイル(ソフトバンク)の回線を利用しているので、通信回線も安定していて、料金とクオリティのバランスがかなり良いです。

何かサービスで困ったときに携帯ショップに頼りたいときでも、基本的にソフトバンクショップでワイモバイルの対応をしているところが多いので、MVNOのようにショップに相談できないといったこともありません。

シンプルM/Lの速度制限時の通信速度は最大1Mbps

シンプルMとシンプルLは月15GB(25GB)の高速データ通信ができますが、データを使い切った場合には速度制限を受け、通信速度が下がりますが、それでも最大1Mbpsの通信速度と一般的な速度制限時の通信速度の最大128kbpsと比べるとかなりの通信速度があり、画質を落とした動画視聴もいける程度の通信速度になります。

ただし、シンプルSの場合は最大300kbpsと一般的な速度制限時の通信速度より若干速い程度で遅い点には注意。

対象プランの注意点

今回のワイモバイルのプランを選択した場合にはいくつか注意しておくべきことがあります。

家族間の通話は24時間かけ放題ではない

ソフトバンクなどの3大キャリアの場合、同じ携帯会社の家族間通話については、24時間いつでも国内通話がかけ放題になりますが、ワイモバイルの場合は、24時間かけ放題にはならず、よく家族間で通話をする場合には、何かしらの通話オプションを付ける必要があります。

シンプルは標準で10分かけ放題も付いていない点も注意

以前までのプラン(スマホベーシックプラン)であれば標準で1回10分以内の国内通話かけ放題になりましたが、今回のシンプルはかけ放題が標準でついていません。

販売している端末はミドルクラス以下が中心

ワイモバイルで取り扱っている端末は、ハイエンドタイプの機種はほとんどなく、ミドルクラスもしくは、エントリークラスの機種がほとんどです。ハイエンドタイプの機種を使いたい場合は、ワイモバイル以外でSIMフリー端末を購入してSIMのみの契約をすることでカバーすることができます。

ワイモバイルはソフトバンク系の回線を利用していますが、SIMのみの契約をする場合は、ソフトバンクのSIMロックがかかっている場合でも、SIMロックを解除する必要があります。

ワイモバイルで高性能機種を購入したいならiPhoneが無難

外部からシムフリー端末を購入するのが不安で、ワイモバイルでできるだけ高性能な端末を購入したいと思っているのであれば、iPhone機種を選択するのが無難です。ワイモバイルではiPhone12とiPhone12miniの取り扱いがある(Pro、ProMaxはないけど)ので、高性能機種ならどちらかを選択すると良さそうです。(値段はAppleショップのシムフリー価格よりは高額ですが…)

サブブランドの強み

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドですが、サブブランドのの強みはどのようなものがあるかをまとめると以下のようなものがあります。

  • 困った時には全国にある多数のショップでのサポートを受けることが可能
    ※ただし、最近のショップのサポートは有料での対応になることもある点には注意。
  • 基本料金はMVNOに近いレベルで安い
  • 3大キャリアに近いレベルで通信回線が安定している(遅くなりにくい)

サブブランドの弱み

強みがあれば、当然弱みもあります。サブブランドの弱みはどのようなものがあるかをまとめると以下のようなものがあります。

  • データ無制限プランや大容量タイプのプランはない
    ※月額料金が安いものの月30GBを超えるタイプのプランがありません。
  • 1つの容量を複数回線で共有して使えるプランがない