スマホの通信制限をできるだけ回避する方法

スマホ・ネット

月末に近づくにつれ、スマホでデータ容量をいっぱい使ってしまった結果、通信制限になり、快適にネットの利用できなくなる人がちらほら出てきます(ゲーム仲間の人も一部いますw)。追加でデータ容量を購入することもできますが、非常に割高なので、できるだけ回避したい。

そこで、通信制限(一般的には最大128kbpsに低下)をできるだけ回避する方法がいくつかあるので、まとめてみました。

Wi-Fi接続して利用する

自宅でネットをするような人であれば、家のネット回線(光回線など)にWi-Fi接続して使用する方法があります。高速な光回線にWi-Fi接続をする場合、スマホの4G回線(将来的には分からないが現状は5G回線も)よりも安定して速く、ping(通信の上り下り往復の応答速度)も速い傾向があります。

即時性を求めるゲームなどをやっている人や大量のデータを消費する動画や音楽ストリーミングを楽しみたい人はWi-Fi接続をしてネットを利用するとデータ消費も節約しつつ、快適にネット利用もできると思います。

自分の使っている回線環境でどの程度の速度なのか調べたい場合は、色々なスマホアプリもあるので、把握しておくと良いかもしれません。

アプリの一例としては、「Speedtest」などがあります。

動画・音楽ストリーミングの使用を抑える

通信制限になる要因の一つとして、大量にデータ消費をしやすい動画や音楽ストリーミングをよく使っている場合があります。

通勤・通学時間の合間にYoutubeで動画を・・・

といった感じで使ったりしていると、データ消費がガンガン進み、いつの間にか通信制限に突入といったことも。。。(毎月数十GBも使えるプランを使っていても、油断すると限界突破しますw)

絶対に通勤・通学時の動画・音楽ストリーミングが外せないという人でなければ、これらの利用を意識して抑えると、結構データ消費を抑えることができると思います。

ダウンロード済のデータの場合は?

データ消費をするのは都度データをダウンロードする(データ通信をする)ストリーミングの場合で、スマホ本体のROMにダウンロード(保存)してあるものを視聴する場合には、データ通信をする必要がなくなるので、データ消費もしなくなります。

無制限プランを利用する

どうしても動画や音楽ストリーミングは外したくない人は、データ容量無制限プランを利用する選択肢があります。

無制限プランはいくつかありますが、選択肢としてはMNOにあたる4社のプランが候補になってきます。

  • 楽天モバイル
    • Rakuten UN-LIMIT VI
      ※プラチナバンド未対応で回線が入りづらい問題はあるもののコストパフォーマンスは1番
  • ドコモ
    • ギガホプレミア/ギガホプレミア5G
      ※テザリングなどの利用もデータ使い放題
  • au
    • 使い放題MAX4G/使い放題MAX5G
      ※スマホ以外の端末を使用する形のテザリングなどは30GBまでの上限がある
      ※一部のサブスクリプションが付帯している高額な上位プランも一応ある
  • ソフトバンク
    • メリハリ無制限
      ※スマホ以外の端末を使用する形のテザリングなどは30GBまでの上限がある

メリットとしては、無制限プランということだけあって、よほど変な使い方をしない限りは、データ使い放題になるので、速度制限は気にしなくてもよくなる点があります。(auとソフトバンクについては契約しているスマホ以外の機種によるネット接続を行うテザリングなどの利用については上限があるので容量超過は一応気にする必要があります。)

楽天アンリミットVIの料金
出典:楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/)

デメリットは、月額料金が高額になる点がありますが、唯一例外的に楽天モバイルの楽天アンリミットVIだけは料金が安く、その月に使用したデータ容量に応じて4段階に料金が変わりますが、最も高額になるデータ無制限で利用した場合でも月額3,278円とドコモ・au・ソフトバンクでは出せない破格な料金設定になっています。
(ただし、対応エリアの問題はありますが)

一応、ドコモ・au・ソフトバンクについては家族複数回線で契約した場合に利用できる家族割や指定の光回線サービスなどの家のネット回線とのセット割を利用すれば、それなりに割引が効かせることは可能です。

速度制限時の通信速度がある程度速いプランを使う

一般的には速度制限時の通信速度は最大128kbpsで、この速度だとメールなどはある程度使えたりはしますが、動画視聴はほぼ視聴不可能で、即時性を求めるタイプのゲームも困難な状態になってしまいます。

ただ、一部の携帯会社のプランでは、速度制限時の通信速度がそれほど落ちないタイプのものもあります。最近では速度制限時の通信速度が最大1Mbps以上あるプランも結構増えてきています。

  • ドコモ:ahamo
  • ソフトバンク:LINEMO
  • ワイモバイル:シンプルM/L
  • UQモバイル:くりこしプラン+5G(プランM/L)

※一部のMVNOのプランやオプションでも最大1Mbpsのものもあります。

カウントフリーが付いているプランやオプションを利用する

カウントフリーは、一部の携帯会社のプランについている特典やオプションサービスに一部のアプリやサービスのデータ通信についてはデータ消費カウントをしない(ゼロレーティング)といったものがあります。
※カウントフリーになるアプリ・サービスでも一部の条件のものはカウントされてしまうものもあります。(条件は各サービスで違うので公式ページを確認しておくと良いです)。

カウントフリーになる対象アプリやサービスを多く利用する人は、これを利用すると通信制限を回避しやすくなると思います。

主要キャリアの3社(ドコモ、au、ソフトバンク)以外のMVNOの会社のプランは主要キャリアと比べ、回線が貧弱なので、通信が安定せず、高速通信時の速度は主要キャリアと比べてしまうとMVNOが遅くなりがちな点は注意しましょう。

料金プランに含まれているもの

  • ソフトバンクのLINEMO:LINEギガフリー
    ※対象サービス:LINE

オプションサービスで付帯するもの

  • BIGLOBEモバイル:エンタメフリー・オプション
    ※対象サービス:YouTube、YouTube Music、Apple Music、ABEMA、Spotify、AWA、radiko、Amazon Music、U-NEXT、YouTube Kids、らじる★らじる、dヒッツ、dマガジン、dブック、楽天マガジン、楽天Kobo、楽天ミュージック、au PAY マーケット、Facebook Messenger
    ※月額308円プラス(音声通話SIMの場合)、月額1,078円プラス(データSIMの場合)で利用できるオプション
  • リンクスメイト:カウントフリーオプション
    ※対象サービス:書ききれないくらいある色々なゲームアプリ、ABEMA、Amebaマンガ、AWA、enza、OPENREC.tv、Kidsroo、グランブルーファンタジースカイコンパス、GameWith、サイコミ、niconico、Video Market、ファミ通app、ファミ通.com、pixivコミック、Mirrativ、U-NEXT、Lobi、AppStore、GooglePlay、LinksMate、Instagram、Twitter、Facebook
    ※月額550円プラスで利用できるオプション
  • OCNモバイルONE:MUSICカウントフリー
    ※対象サービス:Amazon music、ANiUTa、AWA、dヒッツ、LINE MUSIC、Spotify、ひかりTVミュージック
    ※月額利用料は0円で利用できるオプション