天クラの2019年エイプリルフールネタで星7青キャラがもらえる

2019年5月12日天クラ関連コラム

エンペンのエイプリルフールジャック

IT業界では習慣的に行われている4月1日のエイプリルフールに便乗した嘘・おふざけネタ。今年は元号「令和」発表の日ともかぶってもいたので、「今年はエイプリルフールネタは自粛しましょう」的な動きも一部の企業・メディアではありましたが、天クラは普通にエイプリルフールネタが発動しました。

2019年はエンペンに色々乗っ取られる

今年のネタは「エンペンのリーダージャック」というもので、リーダーキャラがエンペン(自称皇帝のペンギン)に強制的に変わってしまうなどのおふざけがあったり、運営公式ツイッターがエンペンに乗っ取られたりなど。。。

Twitterの公式アカウントを乗っ取っているツイート・・・

今年はおふざけだけではなかった

エンペンの暴走にともないプレゼントボックスをジャックするということで5体のエンペンがプレゼントされています。

エイプリルフールネタなので、使えないキャラだと思っていたのですが・・・

エンペンのリーダージャック

星7(コスト30)? あれ、おかしい・・・配布系キャラだからステータスが低い・・・とも思いましたが、ステータスを見てみたところ普通のコスト30キャラのステータスや潜在能力になっていて、何と使える子でした。

ただのコスト30の星7キャラであれば、ここまで使えるとは言わない(コスト31の星7のキャラの方が良いので・・・)ですが、ポイントは同じキャラクターが5体プレゼントされているという点。つまり星7で4凸キャラを手に入れることができてしまいます

星7で4凸状態にするまでにはかなりの時間がかかり困難(もしくはお金がとてもかかる)ことなので、4凸状態の星7キャラが手に入れられるのは特に前衛の非課金・微課金ユーザーにとっては貴重な戦力アップの機会に繋がります。

星7キャラで4凸にするためには、同じキャラを紹介状で引き当てる(確率がものすごく低い)か、限界突破をするための7書を使う(課金アイテムとして買わないかぎりはなかなか手に入れる機会がない)必要があるので、はじめから4凸状態の星7キャラが手に入れられるのは (特にステータス面で) 戦力アップとして貴重です。

でもスキル・秘奥義のグレードは少し低いのが欠点

エンペンのスキル・潜在能力説明

ステータスや潜在能力は星7のコスト30のキャラに相当する良いキャラであるものの、弱点が無いわけではありません。それは、スキルと秘奥義で星7のキャラクターという割にはあまり高性能ではありません

前衛(レギュラースキル)は威力も高くないもので消費TPが50とコストパフォーマンスが悪いので、投下するスキルがなくなったときに使う程度、秘奥義もほかの秘奥義で使えるものが色々あるので、組み込む候補にはなりづらいかと思います。
唯一後衛(サポートスキル)については、全回復と相手へのデバフを消費TP30で使えるので、ほかに良いスキル持ちがいないのであれば組み込んでもよいかもしれません。

エンペン配布は2019年4月7日まで

エンペンのプレゼント配布は2019年4月7日までです。これから天クラをやってみようかなと考えている方は、いまがチャンスです。

天クラのゲームアプリダウンロード

関連記事

⇒ 天空のクラフトフリートとは

⇒ これから天クラを始める方に向けた育成ガイド